数が学力ではない

中学受験の算数の勉強で結構勘違いしている人がいるのですが、算数の問題を沢山すれば理解できるということはありません。しっかりと計算などのことを理解していないと勉強をしている意味が無いので注意です。ですから、まずは理解をすることを中学受験の勉強でするようにしましょう。

確かに数をこなすことで算数に慣れることが出来ます。慣れることで中学受験時にしっかりと答えることができるでしょう。しかし、その段階になる前に理解をしないといけません。算数は理解して計算などをしないと全く意味がありません。理解しないまま計算をして答えがあたっていたとしてもそれは本当に理解しているとは言えません。計算するうちに理解することもあるでしょうが、数をこなしても理解できないものは理解できないのです。

そのような数だけするような勉強は中学受験をする上では結構最後のやり方です。故に、まだ最初の段階にいるなら計算の仕方などを理解することがするようにしましょう。それを理解すれば数をこなしての勉強も良いかもしれません。ただし、できる問題をただひたすらしても意味が無いので注意です。

中学受験の算数は、理解をしてから数をこなし、難し目の問題をやっていくといったようなやり方で勉強をしたほうが良いです。最初がかなり肝心であり、それができれば算数はクリアしたも同然になります。