学校の算数

学校でももちろん算数の勉強をすることになります。基本的に学校の算数の勉強は中学受験からすれば基本的なものしかありません。ですから、中学受験をするのなら学校の勉強だけでは少しだけ足りないので注意です。しかし、学校の授業だけでは中学受験に合格出来ないというわけではないので間違えないようにしましょう。

学校の授業は、基本を勉強させるところです。特に普通に学校ですと基本を教えてから少しの応用を教えていくことでしょう。ですから、学校の勉強をまず理解することで算数の勉強がスムーズにできると言っても良いです。ですが、何もしない状態で学校の授業を受けても一度で覚えることができる人はそう多くはないです。ですから、復習や予習が必要になるので算数の勉強もしっかりとその手のことをして中学受験に挑むようにしましょう。一度の授業で理解できれば実際算数はかなり楽になるので学校の授業を捨てるということはしないようにしましょう。

学校の授業は確かに中学受験に対応したやり方はしていません。しかし、学校の授業が不十分かというとそうではないので間違えないようにしましょう。基礎を理解すれば学校の授業でも十分中学受験に挑むことが出来ます。しかし、そのようなことができる人は少ないので基本は他の勉強や予習や復習が必要になりますのでよく考えて中学受験の算数を乗り越えるようにしましょう。