基礎は大事

中学受験に限らず数字を使用する算数や数学は、基礎が大事です。この基礎がしっかりとできていないから算数も数学もうまくいかないということがありますので、中学受験をクリアするためにも基礎を理解してから応用をするようにしましょう。

基礎があってこその応用です。ですから、中学受験の算数の勉強をする場合はまずは基礎を理解しないといけないです。これは必ずしないといけないことでしょう。時間がない状態でも基礎を理解しないまま応用をするよりも基礎だけをしっかりと理解したほうが中学受験の合格率を上げると言っても良いです。故に、基礎を理解して勉強をさせるようにしましょう。

正直なところ中学受験の算数は勉強範囲の基礎を理解すればあとは、応用をどのようにしていけばよいかを考えるだけで良いです。基礎を理解したらある意味では中学受験の算数を理解したと言っても良いです。もちろん、応用の方も出来ないといけないですが、基礎を理解しているなら応用も勉強をしていくうちに理解することが出来ます。いつまでたっても応用が理解出来ないのは算数の基礎を理解していないからです。特に、「どこがわからない」という質問に「どこかわからない」という人は基礎が理解してない人がほとんどでしょうから、基礎の勉強をするようにしてください。