応用の考え方

中学受験の算数には応用問題が必ずあります。ですから、これを答えられるように算数の勉強をしないといけません。しかし、応用問題はその名のとおりに応用です。故に、基礎の応用であることを理解して中学受験の勉強をするようにしましょう。考え方は基礎から考えることが出来ます。

応用問題は様々なものがあります。扱う数字が多かったり、文章が多かったりと様々な問題があるでしょう。しかし、算数のような数字を使うものは基礎から必ず出来ています。基礎を理解して応用していくことで中学受験の応用問題を答えることができるでしょう。ですから、応用問題の内容がわからないという人は基礎を理解していないということですから、そちらを先に理解して中学受験の勉強をするようにしましょう。

基礎を理解することができれば、あとは算数の応用問題に慣れればよいです。算数の基礎を理解していれば、応用問題で覚えることはほぼありません。基礎を軸に考えていけば問題を解くことが出来ます。故に、基礎を理解したら沢山の応用問題をすると良いでしょう。そうすれば中学受験に合格出来るだけの学力を獲得することが出来ます。もしも躓くことがあるなら、一度その問題に使われている基礎を思い出して解いていくことでクリアをすることが出来ますので、そのような教え方をしましょう。