一度考えなおす

この対策は、人にもよりますので、本当に中学受験の算数に使うかをよく考えて教えるようにしましょう。それで算数の対策として、ケアレスミスを出来るだけ無くす対策があります。それが、一度算数の問題を考えなおすことです。中学受験算数の問題でケアレスミスは本当に無くさないといけないことです。ですが、これを無くすにしても結構大変な場合があるでしょう。そこで一度解いた問題を後でもう一度考えなおすというやり方があります。これをすることでかなりケアレスミスを無くすことができるかもしれません。

方法は、一度算数の問題を解いてから問題を解き直すというやり方です。できるなら全問題を答えてからが望ましいです。そうすれば、もしも確認しきれなくても一応は全問題は解けています。ポイントは初めて問題をする感覚で解き直すことです。この時直しで書いた答えと解き直した答えが違った場合はまた考えなおすようにすればよいです。

このようなやり方があるのですが、これにはいくつかの弱点があります。まず、ある程度の問題を解くスピードが必要になります。中学受験の問題となると難しいものがありますので、確認ができる段階まで時間が余っているとは限りません。特に難しい中学受験の問題を再度するとなると相当時間をかけてしまうことがありますので注意です。それと解き直した答えが必ずしも正しいとは限らないという点です。間違った答えを書くことがあり、それで中学受験に合格出来ないということもあります。