わかる問題を確実に

中学受験の算数で一点でも多く獲得するためにはわかる問題をすることで中学受験に合格しやすくなります。ですから、わかる算数の問題を出来るだけ多くするのが良いでしょう。そうすれば、かなり良い点数を獲得することが出来ます。

算数は簡単なものから難しいものがあります。基本的には簡単なものは確実に答えることができるようにしておくことで点数をある程度取ることが出来ます。そして簡単な問題は理解している問題ですから、そのような算数の問題を1問でも多く増やすようにしてください。配点の高い問題を解くことができることが良いのですが、それで時間をとられるよりもわかっている中学受験の問題を確実に獲得して点数にするようにしましょう。

わからない問題は、結構時間をかけることで解けるかもしれません。しかし、わかる問題はすぐに解けることが出来ます。ですから、中学受験の合格のコツとしてすぐに答えることができるわかる問題で点数を取るのが良いです。それを確実に獲得することで一定の点数にすることが出来ます。というよりも、このような問題を解けないと難しい問題で点数を獲得できなくて合格出来ないという状態になりますので、中学受験の算数の対策としてわかる問題を確実にすることをおすすめします。ただし、わかる問題を何度もする必要はありません。