テストに慣れる

中学受験はテストです。それ故に、算数のテストをしっかりと慣れることをおすすめします。慣れることで算数の問題でケアレスミスの確率を下げることが出来ますし、もっと学力を上げる手助けにすることも出来ます。

テストに慣れると言っても、ただ沢山の問題をするだけならどのような状態でも出来ます。しかし、それでは中学受験の算数に慣れるとは言えません。しっかりと緊張するような場面でしないと意味がありません。要するに沢山の人が居て、その中で算数のテストをしていくことが重要になります。できるだけ中学受験と同じような状態にするのが望ましいので、それができる環境を探すのが良いでしょう。ちなみに、学校や塾などでそれが出来ます。集団でテストをすることで中学受験時のような雰囲気を作ることができるので、それを沢山して慣れるようにしましょう。

テストは、中学受験後にも結構いろいろなところですることになります。その都度緊張していては中学受験どころかこれからのすべてのテストに失敗する可能性があります。ですから、算数のテストなどでしっかりと緊張しないように慣れるのが良いです。緊張することで自分の力が出せないということは無いようにするためにも中学受験の対策として慣れさせるようにしましょう。