途中式は絶対に書く

中学受験の算数の問題で暗算をする人がたまにいるのですが、これはあまり良くないので注意です。中学受験をするなら暗算ではなく、しっかりと計算の内容を書くようにしましょう。そうしないと算数の問題で失敗することになりますので注意です。

暗算は確かに速く計算を解くことができるので、中学受験に適しているように思えます。もちろん、暗算で正しい答えを100%出せるなら中学受験で取り入れても良いです。しかし、暗算で算数の計算間違えをするなら暗算をせずにしっかりと計算を書くほうが良いです。特に中学受験のような若干緊張する場面で暗算の成功率が下がってしまうことがありますので、できるなら書くことをおすすめします。書くことで確認をすることが出来ます。ケアレスミスを減らすこともできるのでやってみるようにしてください。

中学受験の算数対策の時もできるなら暗算はおすすめしません。絶対にやってはいけないわけではないですが、暗算でやり続けると本番の時にも暗算してしまい、ミスしたのに気がつかないということがありますので注意です。暗算はある程度計算ができる中学受験後でも良いです。小学生なのですから書くことを中心にして算数の勉強を教えた方が良いのでそのようにして中学受験の対策をするようにしましょう。