柔軟な考え

算数の問題によってはかなり柔軟な考えが必要になります。柔軟に考えることができれば見えてくることが中学受験の算数には結構あります。例えば、図形や長文問題などがあります。それらを攻略するためにも柔軟な考えができるようにしたほうが良いです。

中学受験の算数には、簡単なものならただ計算をすれば良いです。しかし、難しい問題を解く場合は柔軟に対処出来ないと無駄に問題を解くのに時間がかかってしまいます。ですから、それができるように中学受験の対策をするのが良いです。柔軟な考えをするためには物事をいろいろな角度から見られるようにすることで柔軟な考えを作る事ができますが、算数の場合はそこまで必要ありません。あくまでも問題を解ければ良いのです。問題や図形内部にヒントが隠されているのでそれを見つけ、それをいかに使っていくかを考えてできるようになれば中学受験の算数はクリアできることでしょう。それに、この柔軟な考えは受験以降にも使えることです。ですから、今現在からできるようにすればよいです。ちなみに、面接などでもかなり使えます。

算数の問題を解くことができるだけなら問題をいろいろとすればよいです。それをもっと広いところで使っていくためには算数以外のところで柔軟な考えが必要になりますので、中学受験の対策だけでなくこれからを考えてできるようにさせましょう。