覚えることは少ない

中学受験の算数は実際のところ、そこまで多くのものを覚えないといけないわけではないです。確かに覚えるのが難しいものなどがあるかもしれません。しかし、数的にはまだまだ少ない方なのでポイントをしっかりと抑えて覚えることを覚えて算数の対策をするようにしましょう。

算数は基本的に覚えることは多いようでそこまで多くはありません。それに難しいこともそこまでしません。ですから、基礎をしっかりと覚えてしまうことが中学受験の算数攻略の一手です。そこまで多くない基礎をしっかりと理解して応用にも対応できれば、中学受験の算数でやることがなくなります。その段階になるまで中学受験の対策を進める人もいるので、早めに算数の勉強をクリアすれば他の勉強に集中することが出来ます。

中学受験の算数は基礎と応用の二つのことをやっていけば良いのです。基礎は「覚える」、応用は「考える」をしていくことで中学受験の問題を答えることが出来ます。特に基礎を「覚える」というのが重要になり、覚えて理解して使うことができればすぐに算数の大体の問題をやっていけるでしょう。基礎だけを考えると数的には少ないのでそれをどれだけ早く覚えさせるかで中学受験の進行度が変わります。ちなみに、基礎は学校だけでも覚えることは出来ますので復習などをさせて覚えさせましょう。