答えだけを見ない

算数の中学受験の勉強をする時に、答えだけを見せるのではなく過程を必ず見せるようにしましょう。結構一人で勉強をする時に面倒だから過程を飛ばして答えだけを確認して終わりという人が多いです。それでは算数をしっかりと勉強しているとは言えません。必ず答えにたどり着く過程を復習させるようにしてください。

算数は過程があってこそ答えに導くことが出来ます。過程をすっ飛ばして答えを出すことは基本的に不可能でしょう。できるとすれば全く同じ数字で同じ問題というなら答えを覚えて答えることが出来ますが、中学受験にそのような問題はありません。それに、そのようなやり方をしても中学受験には全く良くないです。間違ったところはどのように間違えて、どこを正しくすれば正しい答えを見つけることができるかをしっかりと確認させないといけません。そのような確認をしてしっかりと理解して算数の勉強になります。ですから、過程を確認させることを必ずさせるようにしましょう。

中学受験の難しい問題になればなるほど過程が重要になります。一歩一歩正解に近づけるように1つ1つの過程を通過してこそ答えを出すことができるので難しい問題もしっかりと確認するようにしてください。ちなみに、問題と答えを見せて過程を答えさせるというやり方があります。それをさせることで中学受験の算数を理解できるかもしれません。